脱毛に関するQ&A

クリニック系の脱毛エステでないと違法?

医師免許のないエステサロンのスタッフが医療行為の脱毛処理をしていたとして逮捕といったニュースをみました。クリニック系の脱毛エステでないところはあぶないのでしょうか?
脱毛サロンで逮捕者が出た、というのは制限に反した営業があったからです。
その事件を取り上げて、「だからサロンでの脱毛は危ない」というのは違います。

まず、美容外科や皮膚科など医療機関での脱毛とサロンでの脱毛の違いは、ざっくりというと「出力」です。

医療機関で行う脱毛は、医療行為です。
その為、医療機器として認可された脱毛器を使用することが出来ます。
医療機器であるこの機械は、医師免許を持った人にしか扱えません。

対して、民間のサービスでは「医療」の範囲にあたるまでの行為は出来ません。
その為、医療機器ではなく一般のエステティシャンが扱える脱毛器を使用して施術を行います。

それぞれに使用されるマシンの原理はほとんど同じもので、大きな違いは出力です

医療機関ではより高出力の機械が使われているので、脱毛効果はサロンよりも高いです。
しかしその分、やけどを負ったり肌が荒れたりといった負担・リスクも大きくなります。
こういったトラブルに対してきちんと治療や投薬などのケアを行う必要もあるので、高出力のマシンは医療機器として扱いに医師免許が必要なのです。

サロンのマシンは出力が低いので医療機関ほどの効果が出ないかもしれませんが、安全で痛みも少ないです。
出力が弱いとはいえ、脱毛効果が全くないというわけではないので、十分に効果を感じられる方や肌が弱い方はサロンを選択される方も多いです。

話をサロンの安全性に戻しましょう。

脱毛サロンで逮捕者が出たという話はいくつかありますが、出力の高い機器を医師免許を持たない人が使った、というものがほとんどです
ほとんどのサロンではそのようなことはありません。
逆に「クリニック」の看板を掲げながらも医師が常駐せず、免許を持たないスタッフが医療用マシンを使っていた、というクリニックも摘発されています。
また、きちんとしたサロンやクリニックでも、施術が肌に合わなかったという方もいらっしゃいます。
その為、サロンかクリニックか、だけでは安全性を測ることは出来ません

クリニックの安心な点は「何かあってもお医者さんが対処してくれる」ところ。
サロンの安心な点は「トラブルが起きにくい安全な機器を使用している」ところ。
加えてどちらでも、正しい施術を行っていることが重要な点です。

どちらにもメリットとデメリットがありますので、サービス内容や費用などを比較してより自分に合った選択が出来ると良いですね。

おすすめの脱毛サロン おすすめの家庭用脱毛器