脱毛に関するQ&A

脱毛エステサロンで脱毛を断られる理由

脱毛エステで脱毛を断られてしまう理由があれば、どんな理由がありますか?※薬を飲んでいる。妊娠している。皮膚が弱い。アレルギー。ほか。
脱毛の施術を断られる大きな理由としては、日焼け・妊娠中・生理中が挙げられます。
他に、肌の色や状態で断られる場合もあります。
一つずつ説明していきましょう。

まず日焼けですが、日焼けしている肌はダメージを受けた状態です。
弱っている肌に施術を施すと、痛みが強くなったり、やけどや水ぶくれなどのトラブルが起きたりします。
特に、黒いものに反応するフラッシュやレーザーは、日焼けで黒くなっている肌には危険です。
もしトラブルがなかったとしても、肌のメラニンなどにも反応する分、ムダ毛へのダメージが軽減されて効果が弱まってしまいます。
これらのことから、日焼けしている方への施術はされません。

妊娠中に施術が受けられないのは、決して胎児に悪影響があるから、ではありませんのでご安心くださいね。
しかし妊娠中はホルモンバランスの変化で、効果が出にくかったり肌が敏感になっていたりします。
その為、痛みを感じやすくなっている、ダメージを受けてしまうといったトラブルが考えられます。
また、痛みなどの刺激で陣痛が起きてしまうなど、予期せぬ事態が起きることも考えられます。
このようにデリケートな時期なので、施術を行うことは出来ません

もう一つ、女性には縁の深い生理中も、基本的に施術を受けることは出来ません。
これは妊娠中と同じで、生理中は女性ホルモンの影響を受けていることから、肌が敏感になっていたり効果が薄くなることが考えられるからです。
しかしワキや腕などであれば施術を受けられるサロンもありますが、体調も不安定になる時期なので無理は禁物です。
生理の場合はペナルティなしで予約をずらせるなど、サロンによって配慮してくれる場合もあります。

これらが、施術を断られる理由として多いものですが、他に肌質などで断られることもあります。
例えば、肌の色が黒い・色素沈着がある、といった場合。レーザーやフラッシュは黒いものに反応してダメージを与えるので、黒い肌や色素沈着にも反応してしまいます。その為、施術が出来ません。ただし、ニードル脱毛なら肌の色に関係なく脱毛が可能です。

他に、肌が弱い方は断られてしまう場合があります。
サロンによりますが、最初のカウンセリングでパッチテストがあるはずです。
この時に腫れてしまう、痛みが強いなど問題があった場合には、施術が受けられないこともあります。

一部に低用量ピルの服用で施術を断られる、という情報がありますが、これは誤りです。
低用量ピルは女性ホルモンに影響を与えるものですから、そこから脱毛効果や肌状態に少なからず影響が出る可能性はあります。
その為、多くのサロンでは施術前のカウンセリングでピルの使用について確認をされますが、それを理由に施術を断られることはありませんので安心してください。

施術が出来ないケースというのは、私たちとサロン側、双方のトラブルや不利益を防ぐために定められています。
快適に脱毛が出来るように、日焼けには気を付ける、妊娠や生理の時のサロン側の対応を確認しておくなどの理解が大切です。

おすすめの脱毛サロン おすすめの家庭用脱毛器